種類がある

発毛剤といっても、その種類は豊富にあります。クリニックで処方されている発毛剤や、市販で販売されている発毛剤にも多くあるため、自分に合ったものやおすすめのものを使うことで効果を得られます。

Read more

正しい使い方

発毛剤をただ頭皮に付けるというだけでなく、マッサージをしながら付けることで有効的に発毛効果を促すことができます。人気の発毛剤としておすすめされている製品を最大限に活かしましょう。

Read more

原因

薄毛に悩む人は性別問わず多くいますが、その中でも男性の薄毛は多く見られます。
髪の毛が生えてくるサイクルには一般的な流れがあります。成長期から移行期、休止期の3期のサイクルです。
成長期は2年から6年の間で毛髪が生え成長が止まります。髪の毛の約90%がこの成長期です。
成長期が過ぎると次は移行期に入ります。移行期は、髪の毛の成長が止まることを言います。
次は休止期となりますが、休止期では毛根が退化し、抜けていきます。抜けて新しく生えるまで3カ月ほどの期間です。
こうしたように、髪の毛には、抜けて生えるというサイクルがあるのです。薄毛になる人のほとんどは、こうしたサイクルが乱れて薄毛になっています。
人は1日に100本の髪の毛が抜けていると言われています。この本数が150本を超えると、薄毛の可能性があり、何らかの原因で抜けていると考えられます。

一般的に言われている髪の毛が抜けている原因で代表的なのが、男性ホルモン、脂漏、頭皮緊張、血行不良です。
男性ホルモンが増殖してしまうと、髪の毛が生えにくくなります。脂漏では皮脂の分泌が異常になり、毛穴の詰まりや炎症が原因で毛髪の成長を止めてしまいます。
頭皮緊張では頭皮がつっぱり骨と頭皮の血流が悪くなり、毛髪の成長を止めてしまいます。血行不良の場合は、血行不良になることで栄養が頭皮に行き渡らず毛髪が育ちにくくなります。
この原因以外にも様々な原因がありますが、この症状が複数重なり薄毛になっている可能性もあるのです。

人気でおすすめされている発毛剤を使用しても効果がすぐに実感できないこともあります。発毛剤は時間をかけて効果が出てくるため、半年から効果が出始めると考えて使用しましょう。

発毛剤を頭皮の奥まで浸透させるには、育毛、育毛シャンプーを使用するのがおすすめです。毛穴に皮脂が詰まっていると発毛剤を浸透させることができないため、育毛、発毛シャンプーで取り除いていきましょう。

発毛剤を使用して薄毛を改善することも大切ですが、薄毛の原因には生活習慣の乱れが原因になっていることもあります。そのため、発毛剤の使用と正しい生活を送ることをおすすめします。

発毛剤の効果が高いとしておすすめなのが、無添加の発毛剤です。薄毛に悩む人の多くは頭皮の環境が乱れています。そのため、肌に優しい成分で作られた無添加発毛剤の使用が効果的なのです。